×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットしながらバストアップ@

どうして同じ女性でも胸が人によって大きい、小さいが極端に違うのでしょうか?胸が小さいということで深く悩んでしまう女性もいます。遺伝だからしょうがないとか、成長期に大きくならなかったから本もう大きくならないよ、といった半ば諦めのような気持ちもあるのではないでしょうか。胸を意図的に大きくするような方法はないのか。その答えの1つとして、どうやらバストの大きさは女性ホルモンの分泌量に関係しているらしいということが現在言われています。女性ホルモンが活発に分泌されるのは思春期から成人期にかけてです。このホルモンの分泌量が多ければ多いほど脂肪がつきやすくなり、バストも大きくなります。そしてこの女性ホルモンというのは、乳首の周りを囲む組織である「乳腺」を刺激する事によって増殖させる事ができるのです(揉まれる乳房がと大きくなるというのはこのことを言っているようですね^^;)。この事実が意味することはすなわち、女性ホルモンをある程度、意図的にコントロールすることができるということです。マッサージが大切なのですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ダイエットしながらバストアップA

バストアップのため、女性ホルモンを大量に分泌させるために必要な要素は、一つ目が先ほども言ったマッサージです。
二つ目に基本的かつ大切なこと。それは「食事」です。栄養学の基礎を学ぶといろいろなことが分かります。正しい食事の方法や食材達の調理方法がそうです。この効果を学ぶことがバストアップのみではなく、ダイエットのためにも役立つのです。
ちなみに食材の調理法というのはとても重要で、これを間違えていると正しい効果は期待できないでしょう。そしてもう一つ重要な事があります。今までに述べた二つだけでは、より張りのある美しい胸にはなりません。しっかりと美しい胸をしっかり支える支えるための土台となる筋力作りが必要となるのです。ダイエットしながらバストアップするため、つまり女性ホルモンの分泌を促すためには、効率的な食事(レシピ)、正しいマッサージ、土台となる筋力を作るためのエクササイズ、のこれら三つの要素が必要なのです。なにも難しいことではありません。が、やはり正しい知識と少しの根気は必要です。ただやみくもにやってつづかないですから。

ダイエットしながらバストアップB

ダイエットしながらバストアップさせるために必要な要素を三つ挙げてました。食事とマッサージとエクササイズですね。これらは全て女性ホルモンを、よりたくさん分泌させるためでした。しかしこれとは逆に、ダイエットしながらバストアップする上でやってはいけないこと注意すべき点というのもいくつかあります。まずは喫煙です。喫煙はビタミンCを破壊してします。ビタミンCはバストアップに欠かせません。そしてタバコの成分であるニコチンは毛細血管を収縮させ、さらに胃腸の働きを弱めてしまいます。ですからバストアップを望む方には喫煙はご法度といえます。あと、姿勢が悪いというのも良くありません。バストアップのためにどれだけ頑張っても、姿勢が悪いと身体がゆがみます。体が歪むとてぜ良くないのか。それは、体が歪むとバランスをとるために余計な脂肪がついたりするからなんです。歪みはダイエットしながらバストアップの邪魔になるばかりではなく、肩こりや腰痛などの原因にもなりますし、心にも少なからぬ影響を与えるといわれています。常に姿勢を正しく保つことがダイエットしながらバストアップにつながるのです。

スポンサードリンク

Copyright © 2007 ダイエット バストアップ